地域の歯科治療|信頼できる歯医者を選ぶチェックポイント

重度の虫歯治療

治療器具

虫歯が歯の神経まで到達してしまった場合、根管治療と呼ばれる治療を受けることが必要になってきます。この治療を行うことで細菌が達してしまった根管内の神経を抜くという方法で、歯の寿命を大きく左右するものとなっています。根管治療をするかどうかで歯を長く残しておけるかどうかが決まるのです。根管治療が必要になるのは虫歯が神経に達してしまった場合だけではなく、歯に衝撃を与えてしまいその神経が死んでしまうことがあり、その死んでしまった神経が根管内で腐敗しその細菌が根の先に達してしまった場合にもこの治療が必要になります。特に神経が死んでしまった場合では、それを長く放置しすぎることで歯根嚢胞という膿の袋ができ、それは放置し続けると大きくなります。大きくなりすぎると結果として腫れや痛みを感じるでしょう。多くの場合、嚢胞ができたばかりや大きくなるまでは症状がでず、気付かれることは少ないです。
根管治療の治療法は、細菌に侵食された根管の中の根を針金のような細いヤスリで削り取り、空になった根管を消毒し細菌が入ってこないように薬で蓋をします。少しでも根管の中に細菌に侵食された根が残ってしまっていたら再び蓋をした根管内で細菌が繁殖し再び痛みを感じてしまうようになるので、確実な治療が必要になります。この治療は聞くからに痛そうな治療法ですが、もし治療中に強い痛みが出てしまった場合には麻酔を打っての治療も行ってもらえるので怖がらずに治療を受けましょう。根管治療の回数は大抵の場合1回から3回の治療で完了します。

Copyright © 2016 地域の歯科治療|信頼できる歯医者を選ぶチェックポイント All Rights Reserved.